本文へスキップ

宮崎フェニックスがん研究所

 

がんは自分自身で自然なこと

活性酸素
が、がんの発生と増殖にかかわります。だから、活性酸素を減らせば寿命はのばせます



がんと闘争せずに
うまくつきあい
がんを生み、増殖させる
活性酸素
を減らせば、
がんでも、寿命はのばせます

がんは気からです。がんは不安な精神
に宿ります。
知的なハンディキャップを抱える方に
は、がんは少ないと言います。
がんと闘争しますと、がんは暴れます

不安な精神やがんとの闘争は
悪玉酸素、いわゆる活性酸素を生み
活性酸素は、新たながんを生み、かつ
がんを暴れさせます。
がんは自分自身、自然なことです。
闘争してがんを消そうとするのではな
く、がんが暴れないようにうまくつき
あえば、寿命はのばせます。

がんは生きている証で、自然なことで
す。ですから、全ての人の身体の中で
毎日、がんはできています。
もちろん私の身体の中にもがんはあり
ます。

天寿をまっとうする、長生きの方の多
くもがんができています。

ですから、がんとわかった人も、
決して、あきらめないでください。

がんが暴れないように、うまくつきあ
えば、がんが消えなくても、寿命はの
ばせます。
私は、身体の中にあるがん
が暴れないように、うまくつきあって
います。

がんが暴れますと、どうしても、寿命
が短くなってしまいますので、がん
検診は先進国でもなくなってきていま
すし、日本でも、がん検診はあまり
意味がないと主張する医師もいます。


では、うまくつきあうとはどういうこ
とでしょうか?


ずばり、

本来の免疫力を維持し、かつ、身体を
さびつかせないことです。


エイズウイルスは免疫をつかさどる
細胞をおかし、患者さんの多くは、
肉腫、つまり、ガンができたり、何で
もないカビや細菌に負けて亡くなりま
す。

つまり、免疫細胞は、がんが暴れるの
を抑えてくれる警察のようなものです。

人は、年をとりますと、活性酸素の
勢力がまして、身体がさびつきます。
これが、いわゆる、老化です。


この活性酸素は、がんの発生メカニズ
ムにかかわり、免疫細胞、その他の
細胞、遺伝子、寿命時計(テロメア)
を傷つけ、寿命を悲劇的に縮めます。

つまり、がんは、活性酸素のおかげで
生まれ、増殖します。


では、本来の
免疫力を維持し、かつ、身体をさびつ
かせずに、がんを抑え込むには、どう
したらいいのでしょうか?


そうです、活性酸素の発生を最小限に
して、かつ、活性酸素を即座に無毒化
させることです。
その方法と、がんの方にすすめられて
いる生き方は、



@
ストレスで、大量の活性酸素がつくら
れますし、免疫力が下がりますので、
ストレスを最小限に抑えます。難しい
ことですが、がんを、恐れない、気に
しない、悲観しないことです。
自然に触れ、五感で自然の息吹を、特
に、視覚で、自然が与えてくれる深い
感動を感じてください。その際、無心
になります。近所で十分です。自然は
平等です。

すべてに感謝して、笑顔をつくって、
幸せで、愉快で、楽しい、ウキウキし
た気持ちを、創り出して、脳をだます
のも一つの手です。
では、どうやって脳をだますのでしょ
うか?

がんで一番の厄介な問題は、治療法

ではありません。
それは、不安や恐

怖です。

不安、恐怖、これは、最悪なことに

がんを悪化させ、寿命を、絶望的に

短くします。


もちろん、この負の感情は、意志の

力では、たちうちできません。なぜ

なら脳が、がんを自然なものではな

く、死に直結するものと勘違いして

いるからです。がんは、自然なこと

であり、本来、脳はそれがわかって

いました。しかし、周りの人、マス

コミ、書物その他の情報により、

がんは致死的と、脳が勘違いしてい

るのです。

つまり、多くの方が、洗脳されてい

るのです。

がんが消失した方は、異口同音に、

ただ自然なことをしただけ、と言いま

す。つまり、上述の洗脳をとく方法を

実践して、脳が、がんは自然なことと

とらえることができたのです。

ですから、不安や恐怖がなくなり、

がんが暴れず、寿命がのびているので

す。

これは、決して、奇跡ではないのです

本来の自然に帰っただけです。つまり

みなさんも、絶対にできます。

だまされた脳は、死を回避するために

防御策を講じます。すなわち、不安や

恐怖心を生むのです。ですが、脳は、

そのことが、逆に、死を招いているこ

とに気づいていません。その重大なこ

とに気づくほど、現在の脳は、まだ

進化していないのです。

原始時代には、生命を守るために有効

に働いてきた、不安や恐怖は、今の時

代には、こと、がんの前では、死ぬ方

向に働いています。つまり、そのこと

に対応できるほど、脳は、まだ、進化

していなのです。

発達障害(この病名は、極めて、不適

切だと思われます)の方の脳は、もし

かして、がんが暴れないように進化し

たのかもしれません。

ですから、やはり、脳をだますしか

ありません。がんで寿命を短くした

くなければ。

脳をだまして、本来の脳に戻すのです

つまり、がんは、命を脅かすものでは

なく、ごく自然なことと、脳に気づか

せるのです。

これこそ、がんを患った人を救う、

極めて重要な方法なのです。

普通の人は、無理です。でも、

可能です。

脳をだますことは。

自分の幸せ、家族の幸せ、引いては

世の中の人の幸せのために、生きる

ことを選び決断すればいいのです。

難しく思えますが、シンプルでリー

ゾナブルです。

上述のように、自然に触れ、無心
になります。
以下の方法は、星渉先生の方法
(KADOKAW出版 神メンタル
「心の強い人」の人生は思い通り)
を参考にしています。
つぎに、確信をもって、自分の評価
を上げてください。そして、自分の
幸せのために、家族のために、世の
中の人のために、何かやることをき
めてください。それを、自分の基準
としてください。その基準さえあれ
ば、モチベーションが下がっても、
やる気は維持できます。より基準に
適うような行動、経験をします。
がんや、その他の嫌なことに感謝し
てください。理屈なしに。そして、
俺は、私は、幸運だと口に出して言
ってください。脳にきざむように。
これから、天命を全うするまで、
絶対に、ダメだとか、何で俺は、
とか、もういいとか、否定的なこと
は言わない、思わないでください。
大丈夫、俺は、私は、なんだってで
きるさ。がんを自然なものととらえ
て共に生きることすらできる。と、
ねんじてください。
そして、現状に違和感を覚えるくら
い、決めた目標を達成するにふさわ
しい行動を着実に実行してください。
目標を表現、具現化した画像やイラ
ストを毎日、目に焼き付けて、笑顔
をつくって、大丈夫、俺は、私は、
できると、口にだして脳にきざんで
ください。
それでも、不安や恐怖が襲ってきた
ら、おー、脳は、まだ、だまされて
いないな、と自分を俯瞰して冷静に
なってください。
あまり、無理せず、わずかでも、
前述のことをやり続ければ、脳は、
勘違いして、今の状況は、変えない
といけないんだ、と動きだします。
そうすれば、不安や恐怖はなくなり
ます。
加えて、誰かのために行動すると、
他人からの承認を生み、他の人との
有意義なつながりができ、また、脳
をだまして、目標に向かって行動す
るということは、まさに、挑戦とな
り、この三つがそろえば、安定を遥
かにしのぐ、安心が得られます。
そうなれば、ストレスフリーどころ
か、至福です。
幸福な気持になりますと、免疫力、
つまり、自然治癒力が断然高まり、
がんは、暴れずにすみますし、
がんが消えなくても、寿命はのばせます。

関連著者のウエブサイト

例えば、何も考えずに、近所を散策し
たり、海へ行き、自然の言葉に耳を傾
けます。そして、そっと、心の中でさ
さやきます。残された人生、自分のた
めに、家族のために、引いては、他者
のために、私、俺は何かできる世界一
な女性、男性。私、俺は、英語もサー
フィンもできる。今あるお金で、家族
と、世界の海でサーフィンをしよう。
そして、現地の外国人とのコミュニケ
ーションを深めよう。ウエブサイト、
ブログを立ち上げ、また、SNS(ソ
ーシャル ネットワーキング サービ
ス)を活用して、世界中の身体や心の
悩みを抱える人を、自分の海に招き、
サーフィンを通して、自然治癒力を高
めてもらおう。
目標が一目でわかる、画像やイラスト
などを毎日見ながら、一歩一歩行動し
ていきます。その時、笑顔もつくりま
す。
毎日、がんにも、つらい経験にも
感謝して、私は、俺は、大丈夫、何で
もできると、脳に刻むように念じて、
決して、弱音や悲観的なことは思わな
い、言わないように心がけます。
それでも、不安や恐怖が襲ってきたら
そうか、脳は、まだ、だまされていな
いな、と冷静に、反射的に俯瞰します。

ただ、どんなに、意識的に努力して脳
をだませても、幸福感を維持できずに
また不安や恐怖に襲われる方が多いで
す。もちろん、私もその一人でした。
でも安心してください。
心は、脳だけではなく、宇宙や全生物
とつながっている魂の影響を受けて
います。
つまり、魂の叫びに耳を傾けて、行動
すれば、きっと、心は、幸福感を維持
でき、がんの元凶である不安や恐怖を
消しさることができます。
自然に身を任せる、瞑想する、ヨガを
することで、魂の叫びに耳を傾けるこ
とができるようです。
私の場合は、無心で、自然に触れるこ
とで魂の叫びを了解できました。

詳しいことは、高橋佳子著 最高の人
生のつくり方 グレートカオスの秘密
三宝出版を、参照してください。

関連著者のウエブサイト


がんを、恐れたり、気にしたり、悲観
したり、また、がんと闘争しますと、
ストレスが増します。

がんと積極的に戦う、外科手術や抗が
ん剤も、同時に、身体に極度のストレ
スを与えます。ですから、消化器をふ
さいで食事ができない、排尿・排便が
できない、あるいは、気道をふさいで
呼吸ができないといった、機能的な障
害がある場合は、ある程度、やむをえ
ませんが、外科手術や抗がん剤は、で
きるだけ避けたほうがいいと力説する
医師もいます。

関連医師のウエブサイト

A 
と言いましても、やはり、がんは怖い
と感じ、強いストレス状態におちいる
方がほとんどで、私もその一人です。
そうしますと、大量の活性酸素がつく
られてしまいますので、活性酸素を無
毒化する力が、けた違いに強い、最強
のアスタキサンチンを毎日、飲み、活
性酸素を最小限に抑えます。

幸い、アスタキサンチンは、天然物で
あり、副作用もなく、既に、サプリメ
ントとして商品化されており、かつ、
とても安価です。
アスタキサンチンは、活性酸素を無毒
化する力、炎症を抑える力、がん細胞
を細胞死させる力、正常な細胞同士の
コミュニケーションを改善する力など
があり、がんの発生、成長、転移を防
ことがわかっています。


B 
腸内の悪玉菌は、大量の活性酸素を
つくりますので、乳酸菌やビフィズ
ス菌などの善玉菌を毎日とります。
オリゴ糖、善玉菌の含まれるヨーグ
ルトがおすすめですが、乳製品は、
がんにはよくないという知見があり
ますので、善玉菌だけを摂るほうが
いいのかもしれません。

C
がん細胞や腸の悪玉細菌が好む栄養
である糖を制限したり、がん細胞が
利用できない脂肪を増やします。
高脂血症の方は、がんが少ないです
し、がんの方は、脂肪摂取量をおと
してはいけないとも言われています
タンパク質は、免疫力をあげるのに
必須です。がんになりますと、糖が
異常に消費され、筋肉などのタンパ
ク質が分解されて、新たに糖がつく
られます。ですから、がんの方は
痩せますし、免疫力をあげるタンパ
ク質が不足し、がんの増殖を許しま
す。
がんへの糖供給を早めてしまう、砂
糖、精製穀類(白米、小麦粉など)
や、パン、パスタは、控え、玄米や
全粒穀類を摂った方がいいという報
告がありますし、タンパク質源とし
て、肉は控え、豆、ナッツ、種子を
摂ったほうがいいと言われています。

D 
適正量のミネラル、ビタミンの他に
免疫力をあげる、ハーブやサプリメ
ントを摂ります。

E 
がんはアルカリ性の環境が嫌いです
から、野菜、果物、発酵食品、梅干
し、キノコ、海藻などのアルカリ性
食品を多めにとります。
有機食品が推奨されていますし、浄
水器でろ過した水がすすめられてい
ます。
ここで注意すべきことは、免疫力
をあげるタンパク質の摂取量をおと
さないことです。がんの方は、糖を
つくるために、どんどんタンパク質
が分解されますので、タンパク質の
必要摂取量は増えます。
上述にありますように、タンパク質
源として、肉は控えたほうがいいと
されていますが、長寿の方に、肉、
卵をよく摂取する方が多いですし、
がんが寛解した方も、少量の鶏肉や
魚を摂っていたという報告もありま
す。
好きな食べ物を摂ると、幸福な気持
ちになり、免疫力も上がり、血流量
も増します。逆に、食事療法で、好
きな物が食べられないと、ストレス
になりますし、生きている楽しみが
ないと嘆く方もいますので、がんの
方に推奨されている食事療法は、専
門の方にじっくり相談したほうがい
いと思います。
あと、断食や低温サウナによる解毒
もすすめられています。

F
楽しんだり、夢中になったり、自然
の中で運動をしたりして、がんが嫌
いな熱や酸素の量を増やし、また、
ストレスを発散させます。
笑ったり、幸せな気持になると、免
疫力があがると言われています。

G 
飲酒はほどほどに、できれば、喫煙は
避けます。過度になりますと、どうし
ても、活性酸素が大量にできますし
活性酸素を無毒化する物質を浪費して
しまいますので。
H
深呼吸、瞑想、気功、太極拳、宗教
スキンシップ(人、ペット)なども
すすめられていますし、がんの対処
法を選択する時に、直感にたよるこ
とも大切であると言われています。

がんから生還した方の生き方のうち
7~8割が脳のケア―です。
これは、ものすごく重要で大切な
示唆です。
がんの対処には、無力感や孤独感は大
敵で、幸せな気持を創りだす努力をす
れば、がんは消えなくても、寿命はの
ばせます。
がんから生還した、がんが寛解した方
は、異口同音に、
”自分と向き合い自然に振舞っただけ”
と言います。
がんから生還した、がんが寛解した人
の報告は、
プレジデント社 がんが自然に治る生
き方 ケリー・ターナー著  
ユサブル社 医師に頼らなくてもがん
は消える  内海聡 著)



活性酸素は、動脈硬化、心筋梗塞、
脳梗塞、糖尿病、慢性腎不全、痴呆、
肝硬変、高血圧、白内障、緑内障、難
聴、老人性黄斑変性症、網膜症の他、
様々な、病気や臓器障害の元凶ですの
で、アスタキサンチンは、がんの発生
や増殖を抑えるだけでなく、なんと、
これらの病気にも有効であり、細胞、
組織、臓器および器官を保護します。
加えて、アスタキサンチンは、免疫力
を上げ、炎症やアレルギーを抑え、老
化、薄毛を防ぎ、肌を若く保ち、筋肉
のスタミナ、つまり持久力を増し、声
帯を守り、かつ、神経や血管を再生す
ることが期待されています。実際に、
多くの女性や、アスリート、歌手、ア
ナウンサーはアスタキサンチンを愛飲
していますし、重篤な心臓病の治療や
神経障害のリハビリの分野でもアスタ
キサンチンを使う医師も増えてきてい
ます。
 

私は、アスタキサンチンと出会い、風
邪をほとんどひきませんし、ひいても
病院に行く前に治ってしまいます。ス
トレスに強くなりましたし、ストレス
性の難聴も治り、よく眠れますし、肌
もしわがへり、気分も体調もよくなり
若い頃に戻ったような実感があります

私の妻は、長年悩んでいた目の疲れも
なくなり、子供は尿の潜血反応やアレ
ルギーもなくなりました。知り合いも
よく眠れるようになった、体調がよく
なった、血圧が下がったと喜んでいま
す。


このアスタキサンチンは、がんの
発生や増殖だけでなく、さまざまな
病気を抑えることができる、奇跡の
天然物と言えますが、意外にも、
知名度がひくく、あまり普及していま
せん。

私は、大学、大学院の時に、活性酸素
に関する研究をしていましたし、活性
酸素を抑えるサプリメントを長年飲ん
できましたので、三人兄弟の中で、私
だけ、若く見えるといわれますし、ア
レルギー、花粉症もありません。その
私ですら、アスタキサンチンを知った
のは、55才の時です。

万能の力があるアスタキサンチン。そ
れも、安くで、容易に手に入ります。
ですから、アスタキサンチンがひろま
ると、都合が悪いと感じる業界がある
のかもしれません。


正直、もう、がんや生活習慣病は、恐
るるに足らずだと信じています。です
から、世界の多くの人に、先で述べま
した事実を知ってもらい、いつまでも
若々しく、幸せに暮らしてほしいと心
から願って、このサイトを立ち上げま
した。

みなさん、きっと、大丈夫ですよ。


店舗写真

information店舗情報

  


  活性酸素






我々は、空気中の酸素

を利用して、効率よく

エネルギーをつくり、

脳を発達させ、人類ま

で進化してきましたが

それとの引き換えに、

酸素の脅威にさらされ

てきました。

体内で、酸素が利用さ

れますと、細胞を傷つ

ける悪玉酸素がつくら

れます。これが活性酸

素です。

この活性酸素は、がん

の発生や増殖にかかわ

り、さまざまな病気を

引き起こします。多く

の物質の中で、最大限

に活性酸素を無毒化で

きるのは、アスタキサ

ンチンで、これを発見

した科学者はノーベル

賞を受賞しました。










がんを暴れさせない





がんが生まれるのは自

然なことで、特別なこ

とではありません。が

んで寿命を縮めない方

法は、活性酸素の産生

量を最小限にして、か

つ、できた活性酸素を

できるだけすみやかに

無毒化することです。

そのことは、同時に、

免疫細胞を強化するこ

とにもつながり、引い

ては、がんが暴れるの

を防いでくれます。

そうすれば、がんが消

えなくても、寿命はの

ばせます。










ストレスを最小限に





身体と心のストレスは

大量の活性酸素をつく

り、かつ、免疫細胞を

傷つけ、結果、ガンが

発生して、暴れだし、

寿命を著しく縮めま

す。











不安と恐怖は最大級のストレス、その克服法は





生体の防御反応の一つ

である不安や恐怖を克

服するためには、不安

や恐怖を受け入れて、

時には、その感情に入

りこみ、自然治癒力が

働くのを待つという方

法があります。しかし

この方法は、途中で挫

折して、うまくいかな

い場合が多く、何より

自然治癒力が働く前に

がんが悪化する危険性

がありますので、遺伝

子に刻まれた不安や恐

怖を能動的に抑えるこ

となく、幸せな光につ

つまれた、楽しく、ウ

キウキした気持を創り

出して、脳をだます方

が、貴重な心のエネル

ギーも節約でき、引い

ては、がんが悪化する

のを防ぐことができる

と考えられます。

飲酒歴のある人が、ノ

ンアルコールビールを

を飲んでも、顔がほて

ったり、陶酔感で気分

がよくなったりします

ので、脳をだますこと

は、現実的に可能であ

ると思われます。










だから
 アスタキサン






生きるとはストレスと

の戦いで、ストレスか

ら逃れることは、不可

能です。ですから、活

性酸素の産生を抑える

のには限界があります

であれば、既にできた

活性酸素を、強力に無

毒化できる物質を摂れ

ばいいのです。ビタミ

ン、ポリフェノールな

ども活性酸素を無毒化

できますが、その効果

は、アスタキサンチン

と比較すると、はるか

に弱く、中には、みず

からが、活性酸素にな

って、がんや病気を誘

発する物質もあります

この地球上で、最強で

かつ、副作用がなく一

番安全な物質は、天然

物であるアスタキサン

チンです。

がんは、熱、酸素、ア

ルカリ性が嫌いです。

このアスタキサンチン

は、なんと、末梢の血

流量を増し、結果的に

熱、酸素量が増し、酸

素呼吸によりアルカリ

性に傾きます。つまり

アスタキサンチンは、

ガンの悪化を抑え、か

つ、がんを予防する力

が強いと言えます。

年をとりますと、テロ

メア(寿命時計)が短

くなり、エネルギーの

生産工場であるミトコ

ンドリアが傷つき、大

量の活性酸素が漏れだ

します。

すると、がんが発生す

るたげでなく、テロメ

アが傷ついて、引いて

はミトコンドリアも傷

つきます。

つまり、Death

Spiral、死へ向かって

の悪循環に陥ります。

この悪循環を、地球上

で一番、けた違いに断

ち切ることができるの

もアスタキサンチンで

す。










中国の秦始皇帝





不老不死を切望した中

国の秦始皇帝、実は、

アスタキサンチンを探

し求めていたのかもし

れません。










がんでも寿命がのびた人たち





奇跡ではなく、自然を

受け入れて、がんと闘

争せずに、がんとうま

くつきあったから










宮崎フェニックス
がん研究所代表

         Ph.D. 足立 ロバート